本文へスキップ

 ようこそ!筑前琵琶女流・大藪旭晶のホームページへ


  大藪旭晶の小宇宙



琵琶工房やまのべ         TEL.078-939-3111
〒673₋0891 兵庫県明石市大明石町1丁目8-1-1404

演奏の記録record


        2017年までの記録 ⇐ クリックしてください。

と き と こ ろ 内   容
 2019年    
7/12  手柄山
交流ステ-ション
研修室
(姫路市)
 姫路花銀行総会
      記念講演~筑前琵琶への誘い
姫路の町を花とみどりでいっぱいにすることを目的とし 昭和47年に発足した姫路花銀行  
植物の勉強会や市章花壇の植栽・管理 緑化イベントにおけるボランティア活動 姫路市花さぎ草の栽培及び普及などをされています 
総会後に 〈那須与一〉〈流転壇の浦〉〈朗読琵琶・くもの糸〉そして最後に皆さんとご一緒に〈あざみの歌〉〈朧月夜〉を合唱しました

 6/30 明石市民会館
中ホール
(明石市) 
 明石伝統芸能協会 第40回記念公演
日本の伝統芸能を 明石市内および近隣で 教授又は教室を開講の職格者で組織されるこの会は 今年40回目の公演を開催しました
五年毎の記念公演には ゲストをお招きしていて今年は 狂言の「茂山狂言会」の四人の先生方の特別公演があり 〈蝸牛〉を演じて頂きました
この度は同門の石尾・右手さんと共に 羽衣伝説に基づいた琵琶曲〈天の羽衣〉を演奏しました

   
 6/23 明石市生涯
学習センター
(明石市) 
第8回筑前琵琶ミニコンサート
     琵琶百番  大藪旭晶の小宇宙
この度の演目は 木曽義仲と忠臣今井兼平の最期を描いた〈粟津が原〉大宰府へ左遷され都を思う菅原道真の心情を詠う〈月に偲ぶ〉
兄頼朝に追われ逃避行中の義経と 静御前との別れ そして知盛の幽霊と闘う弁慶の活躍を描いた〈大物の浦〉の3曲を聞いて頂きました
 3/17 明石市生涯
学習センター
(明石市) 
第7回筑前琵琶ミニコンサート
     琵琶百番  大藪旭晶の小宇宙

100曲を目指して2016年の秋に始めた演奏会の
7回目   この度の演目は 赤穂義士の一人
片岡源吾衛門と浅野内匠頭の最期の別れを描
いた〈名残の櫻〉 和歌の師・藤原俊成に自作の和歌を託し 都落ちした平忠度の最期を詠った
〈忠度〉 そして谷崎潤一郎作の小説を琵琶歌とした創作曲〈春琴抄〉の3曲を楽しんでいただきました
   
  3/02
米ギャラリー大手前
(姫路市)
古民家おはなし音楽会 ~ひゐなを巡る物語
築130年以上の古民家を改装した素敵な雰囲気のお店・カフェギャラリー  日本玩具博物館の
学芸員の尾崎織女さんのおはなし〈雛まつり今むかし〉    私は室津に伝わる雛まつりを創作曲にした〈八朔の雛祭り~室津しおり姫物語〉を演奏しました
版画家・岩田健三郎さんが聞き手となって3人の座談が楽しく進行しました
   
 1/25 東中学校
(兵庫県太子町) 
東中学校 琵琶鑑賞会
予め国語の時間に古典を学習し そして鑑賞会に臨むという 恒例の2年生を対象の琵琶鑑賞会 今年の演目は〈祇園精舎〉〈那須与一〉〈竹取物語〉でした
 
1/14  西部市民会館
ホール
(明石市)
 
 
 PRIMA STELLA AKASHI  
  
~日本の伝統文化に親しむ 年始め Ⅱ ~
毎月第3火曜日に西部市民会館1階ロビーで行われている 「PRIMA STELLA AKASHI」の拡大版 アワーズホール(450名)満員の盛況でした
桂 阿か枝師の落語 貴春会の筝曲 山村 若司桜師の上方舞 翔田 光千穂師の津軽三味線とバラエティー豊かな舞台でした 私は〈朗読琵琶・耳なし芳一〉を演奏しました
2018年  
  12/17  NHK
AM放送
 関西ラジオワイド 旬の人・時の人
初めての生放送出演でした 数日前にディレ
クターの方が来られて ある程度は質問などを
受けてはいましたが 本番では 住田/斎藤両ア
ナウンサーの巧みな質問があったものの 答え
が不十分なところが多々ありました 
演奏は〈衣川〉の中の情景描写の静かな旋律
そして戦いの場面に使われる旋律 さらに〈祇
園精舎〉と〈朗読琵琶・くもの糸〉の後半を
聞いて頂きました
 12/14


台雲山花岳寺本堂
(赤穂市)



 第316回 赤穂義士追慕法要 ~筑前琵琶献奏~
今年は316回忌の追慕法要が執り行われました
献茶~焼香の際には 毎年大石内蔵助役の方が
参列されます 昨年までに 中村梅雀 西郷輝彦 松平 健 の俳優各氏が演じられました
今年は高橋英樹さんでした  例年千手堂では 赤穂雲火焼き展 人形展そして境内では 赤穂
精華園の作品展が催されます
本年は 浅野内匠頭と片岡源吾衛門の別れをう
たう〈田村邸〉そして〈流転壇の浦〉を献奏
させていただきました
 11/24  神戸文学館
セミナーエリア
(神戸市)
神戸文学館 土曜サロン ~筑前琵琶 源平の世界
恒例の柴田旭堂会の有志会員による演奏会
会長の上原まり師が急逝されたため 偲ぶ会と
なりました 会員それぞれの思いを胸に演奏
をしました  演目は寅丸旭都〈壷阪寺〉
石尾旭瑶〈衣川〉岸 旭鈴〈那須与一〉私は
義経と静御前の尼崎大物での別れを描いた
〈大物の浦〉を演じました
 
 10/28 明石市生涯
学習センター
(明石市) 
 第6回筑前琵琶ミニコンサート
     琵琶百番  大藪旭晶の小宇宙

この度の演目は漂泊の歌人西行を描いた〈未
練西行〉そして私の師・柴田旭堂先生が作曲
された〈袈裟と盛遠〉終曲に古典の名曲〈那
須与一
と趣の異なる三曲でした 
10/14  兵庫県民会館
けんみんホール
(神戸市)
筑前琵琶日本旭会 第88回全国大会
7年ぶりに神戸で開かれた筑前琵琶日本旭会の
全国大会で 神戸旭会の司会は大正13年に始
まり以来8回目そして平成で3回目となります
全国各地20の支部旭会から会員が集い 30曲
が演奏されました 私は終曲の〈綱館〉で
叔母の役を演じました
 

   
9/23  願成寺
本堂
(加古川市)
秋の彼岸会
お盆の法要に続き 秋の彼岸法要を欠かさずに
つとめておられる曹洞宗のお寺  ご縁を頂き
法要の後に〈那須与一〉〈舞扇鶴ヶ岡〉を
聴いて頂きました
 7/22 明石市生涯
学習センター
(明石市)
 第5回 筑前琵琶ミニコンサート
  ~琵琶百番 大藪旭晶の小宇宙
この度は菊池寛の小説「恩讐の彼方に」を基
に創作された〈青の洞門〉そして小泉八雲の
怪談に 創作曲「流転壇の浦」を挿入して語る
〈朗読琵琶・耳なし芳一〉をお聴き頂きました
猛暑の中ご来聴下さいました皆様に 心より
感謝いたします。
   
 6/27  NHK
FM放送
NHKラジオ放送〔邦楽のひととき〕
            演奏曲:須磨の知盛
「見るべき程の事は見つ」と鎧を二領来て海
に投じた知盛 平家物語「濱軍」の章では 我
が子知章を見捨てた自身の 生への執着心を見
つめて涙する姿が描かれている この曲では
息子への情愛と武士であることの悲哀が語ら
れる
他の一曲は奥村旭翠さん(筑前)の〈逆櫓〉
 6/17 中央公民館
大ホール
(京田辺市)
 第5回 京田辺市文化芸術鑑賞会
50年以上の歴史を持つ文化協会の主催で 今迄
に「漢詩と詩吟」「邦楽(筝 三絃 尺八)」等
の鑑賞会が皆さんに楽しまれてきました
この度お招き頂き〈祇園精舎〉〈那須与市〉
そして〈朗読琵琶・耳なし芳一〉をお聞きい
ただきました
   
  3/25 明石市生涯
学習センター
(明石市)
 
 第4回 筑前琵琶ミニコンサート
  ~琵琶百番 大藪旭晶の小宇宙
この度の演目は〈須磨の知盛〉〈舞扇鶴ヶ岡〉
そして〈明石)これは源氏物語の十三帖を基に
母の子供時代からの友人で歌人の方から頂いた
歌詞に 曲付けをしたものです
 3/04 イーグレ姫路
アートホール

(姫路市)
源氏物語 第十九帖〔薄雲〕 筑前琵琶 弾き語り
源氏物語の「薄雲」を 朗読琵琶として幾つかの
琵琶歌を交え創作しました 初演は一昨年11月
明石岩屋神社において行なわれ ご好評を頂いて
再演の運びとなりました およそ1時間の長編
詩吟:田中峰翔 朗誦:米家哲郎 吟詠:尼子
美穂 オカリナ:オカリナ千賀子の各氏 司会
:鎌谷泉氏
   
1/25  東中学校
(兵庫県太子町)
  
平家をたどる・・琵琶鑑賞会
丘の上に立つ聖徳太子ゆかりの太子町にある
中学校 毎年恒例となった琵琶鑑賞会です
「平家物語」を「国語」の時間に学習し そして
琵琶の生演奏を楽しむというプログラムです。
今年で四年目になります 演目は〈祇園精舎〉
〈那須与一〉〈朗読琵琶・耳なし芳一〉
 
この頁の先頭に戻る